鈴木達央 Tatsuhisa Suzuki Official Website

DIARY

スケアリーストーリーズ

2020年6月2日

ラモン 役として参加しております。
この作品、実は予告編を以前から見ていて気になっていた作品でして、台本をいただいた時に軽く小躍りしました。

児童小説が原作の本作ですが、あのギレルモ・デル・トロも関わっている訳ですから、一筋縄にはいきません。
青年たちが迷い込んだ先で見つけた一冊の本が、奇妙な事件を起こす本作。巷では一時期登場する怪物たちが注目されたのも記憶に新しいところ。吹き替えしていて、とにかく楽しかったのを覚えています。

そしてこの作品なんですが、演出が高橋剛さんでして、作品の付き合いとしては「そらのおとしもの」から。
剛さんは、演出面ではとにかく的確な演出をしてきます。端的かつ直接的な演出ですので、理解力が試されます。厳しい反面、ご飯に行くと二人でとてもここでは書けないようなくだらない話で笑い合って、そらおと当時は保志さん、剛さん、俺でよく乾杯してました。
いやぁ、よく笑ったし、たまに芝居話でガチ喧嘩してたなぁ。素敵な演出家です。

そんな剛さんとの一作。
否が応にも気合いが入ります。
台詞量も多かったのですが、そんなことも感じないくらい、あっという間の収録となりました。

今回は結構珍しい裏話を書きましたので、それらを感じながらこの作品を見ると、きっと一癖も二癖も違った味わいが楽しめるのではないでしょうか。

作品にもとても強い力がありますが、吹き替えの縁にも強い力のあるアフレコとなりました。

六月三日、配信とレンタルが開始、七月三日、ブルーレイとDVDが発売です。

ちなみに、高橋剛さんの最新の演出作品は「波よ聞いてくれ」になります。
「無限の住人」の作者、沙村先生繋がりですので、どの作品も見ていただけたら幸いです。