鈴木達央 Tatsuhisa Suzuki Official Website

DIARY

エスケープ・ルーム

2020年5月27日

ジェイソン役で参加しております。
この収録、以前声優と夜遊びにゲスト出演した数日前に収録したものでして、この時期は浪川さんと随分と近い期間でよく会ってたものです。
この作品、いわゆるデスゲーム物も呼ばれるものでして、とにかく人がいなくなります。
こういう収録あるあるなんですが、台本の香盤表の順番で大体生き残る順番が分かったりするので、収録する際に花澤くん、浪川さん、小若くん、松川さん、そして榎木と俺は無言でうなずき合い、自身に降りかかる困難に立ち向かおうと団結したものです。

そして、こういったパニックホラー物は多重収録が多いので、自然と収録物が増えます。そして、叫ぶ頻度が非常に高いです。色んな役が一気に叫びまくるので、ミキサーさんの負担が相当高くなるのが特徴です。
色んな役者が入れ替わる度にフェーダーを調整する様は、まさに職人技。こうした方々に支えられて作品は作り上げられています。冗談抜きで日本のアフレコを担当されるミキサーの腕は、世界屈指と技術だと思います。

パニックホラー物ですので、見る人を選ぶ作品とは思いますが、こうした小さな裏話でそういった怖さや手に取りにくさが軽減されたら、と思い今回はこういった話を盛り込ませていただきました。

もしよければ作品共々お楽しみいただけたらと思います。