鈴木達央 Tatsuhisa Suzuki Official Website

DIARY

フリーソロ

2020年1月7日

アレックス・オノルドさんの吹き替えとして参加しております。
この作品、ドキュメンタリー作品ということもあり、吹き替えのような、ボイスオーバーのような、何とも不思議な作品でした。
ただ、アレックスさんの行なっていることの過激さは表現してもまだ足りないくらい、理解の幅を超えているような挑戦を彼はしています。
どこか、ここに生きているような、生きていないような。そんな印象を受け、マイク前へと向かわせていただきました。

にしてもこの作品、本当にずっと喋ってました。台本で話してないところを見つけると安堵するほど、しゃべくり倒しています。
アフレコが終わった際に、スタッフの皆さん全員に握手を求められて「お疲れ様でした」とお声をかけていただいたのは良い思い出です。

共演の白石涼子氏とは、無限の住人でも相手役でしたので「今回こそは、幸せになろう」と二人で意味不明な意気込みを交わしながらブースで頑張っておりました。同じ恋人同士でも、まったく形の違う二組。見比べてみると、演じる人が変わることで表現は変わるということがよく分かると思います。気になった方は是非両作品ともお楽しみください。

ちなみにアレックス・オノルドさんはとても著名な登山家でもあります。
興味がありましたら、そちらも是非調べてみてください。本当に文字通りの凄い人です。

そして、カメラクルーによる驚異の映像美にも是非注目してください。
息を飲むほど美しい山々の姿を、その目に捉えることができますよ。