鈴木達央 Tatsuhisa Suzuki Official Website

DIARY

MIX

2019年10月11日

赤井智仁として作品に参加させていただきました。
正直、あだち充先生の原作に自分が参加できるのは奇跡だと思いました。熱心なあだち充好きではないものの、作品は漫画H2から始まり夏休みに再放送がやっていたタッチにハマり、その後も作品が刊行されるたびに漫画を読む程には、にわかあだち充好き。
クロスゲームがアニメ化された時、「出演出来る人たちいいなぁ。」と、指をくわえて眺めていたのも、今や良い思い出。
そんな自分がMIXに参加。タッチの時間軸の先の話。赤井の兄貴。しかも学校は健丈で元須見工。意味はしっかり分かってます。なので出演決まった時、真面目に震えが止まらなかったですからね。気合い充分でアフレコに臨ませていただきました。
彼は多くを語らなくとも、言葉の端々に意味を持つ事が多いです。なので、わざとらしくならないように自然な按配を模索しましたね。

アフレコでは、久しぶりにお会いする日高のっこさんや喜久子お姉ちゃん(歳下)、渉さんや大典さん、奈良っちに武虎氏に安元さんに金光ちゃんに大智くん、そして裕貴に大紀に内田姉弟、果ては茉莉也に花澤くん。賑やかだったな、ホント。うるさかったな、マジで。あと喫煙者がめっちゃいたな、マジで。本編より雑談してる方が確実に多く話してた、口回ってたわ。

フィルムは、独特の空気感の中で進む彼らの青春模様で、何処か懐かしく、ふと気を抜くと涙が何故か溢れてしまうような切なさがあります。
まだまだ赤井兄の内面は奥が深く、演じる楽しさは多々ありましたが、まずはここらで一区切り、だそうです。

今も原作を読みながら、勝手に赤井兄の台詞を音読してしまう自分がいます。