鈴木達央 Tatsuhisa Suzuki Official Website

DIARY

進撃の巨人

2019年6月17日

グライス 役として参加させていただきました。
進撃の巨人が「何故」進撃の巨人なのか。そんな深き意味を突きつける話に参加しています。
グリシャの土田さんとは24 レガシーで共演した以来のマイク前。アフレコスタジオで再開した時はお互いに嬉しすぎて、照れてしまうほどに。
ちなみに、土田さんとの最後の記憶は、再開を約束しながらお互いに抱擁して帰った記憶です。クソ酔っ払った状態でしたねぇ。楽しかった。
そんなグリシャに真実を告げ、自分たちの理想の元に彼を導きます。芝居演出の部分では、立場や時代背景、そしてそれぞれの人種の扱われ方や意味という事を考えて欲しいと言われました。
今、自分たちが得ている生活感とは明らかに違う日常。そして思想。そういったものを感じて欲しいと強く言われたのを覚えています。

そして、次に言われたのが「彼が何をされたのかをよく考えて欲しい」との事でした。画面に映っていない場所で行われていた事、自分が何をされ、どういう身体状態であり、どういう心理状況なのかを、しっかりと声に乗せて欲しい。そういった演出が入りました。

観ている方に伝わっているかは分かりませんが、丁寧に作り上げてきました。
このこぼれ話で、観ている人をさらに深みへと連れて行けたら幸いです。