鈴木達央 Tatsuhisa Suzuki Official Website

DIARY

ファイヤーエムブレムのこぼれ話。

2019年4月9日

様々なキャラクターが登場するファイヤーエムブレム ヒーローズ。
ありがたいことに、沢山の役で登場させていただいております。
そこで、今回はそんなゲーム収録の時のこぼれ話をば。
暁の女神という作品で初めてファイヤーエムブレムに関わったのですが、当時は京都の任天堂のスタジオで収録をしてました。確か演者4人で新幹線で京都まで行き、6時間ほど収録をして、その日に帰るという弾丸スケジュール。
しかも、様々な事情で役も兼ねることになり、そこで出会ったのがライとティバーンでした。
ちなみに、その時に数百人規模の兵士の声も録らなくてはいけなくて、4人で何度も何度も繰り返し「うぉおぉ」と叫びまくり、帰る頃には声がガラガラになって帰った思い出があります。あの収録は本当に大変だった。
続いて出会ったのが、ベルクトとアルフォンス。
何故並列に書くかというと、実はこの二人、一緒の日に収録しておりまして。
先にエコーズのベルクトの収録を全て行い、その後にヒーローズのアルフォンスの収録をしておりました。
個人的にベルクトはかなり好きな奴です。リネアとのエピソードが最高に好き。一目惚れっていいっすよね。可愛らしい。

ちなみにヒーローズに参戦する場合は、当時の声を聞いて、新たに収録してたりします。
挑戦的な収録もしがちなファイヤーエムブレム ヒーローズ。これからも是非楽しんで遊んで頂けたら幸いです。