DIARY

DIARY 楽しめるようじゃなきゃ。

昨日のRIJF2018から帰って、その気持ちが続いたまま街を見ると「楽しむ」って、とても大事な感情なんだなぁと思う。

笑ってる人を見るのは暖かい気持ちになる。
人と話していて笑ってたり、携帯電話で映像やゲームを見ながら笑ってたりするのを見ると、やはり心が和む。

色んな作品があるから、批評めいて見る目もできるかもしれない。仕方がないことだ。俺だってしてしまう。
でも、それ以上にその作品の「楽しい場所」を見つけるのは、ただ批評するよりよっぽど難しいことなのに、批評することより楽しいことを生み出すように思う。

だって、批評する人は笑わないでしょ。
でも、楽しい話をする人は、顔がほころぶと思うんだ。

昨日は音楽に乗って色んな人の笑顔が見れた。
こんな風に街が暖かな雰囲気になったら最高なんだろうな。って、一人で妄想した。